Day 2: Changing…

11月12日(水)。

2日間の稽古を終え、本日は初めてのOFFでした。

しかし、私たちに観光に出かける余裕はありません。昨日と同じ時間に宿を出て、稽古場兼Ronnieの経営するジムへ。

石曽根はそこでWorkout(筋トレ)。そう、残りの数週間で当時の日本兵にならなければいけないのです。その間に、私は明日以降の稽古で確認することのチェックや東京公演の準備、そして来年のMY COMPLEXの企みに向けて事務作業・・・。

その後、誰もいない稽古場を借りて2日間の稽古を振り替える作業をしました。

私たちは観光に台湾までやってきたわけではないので、初日の幕が開くまでは張り詰めた糸を切るわけにはいかないのです。

 

IMG_0087

※写真は偶然ネットで見つけた、エディンバラフェスティバルフリンジで発表したタイトルと同じ「NEWS JUNKIE」と書かれたTシャツでエクササイズ中の石曽根。

 

さて昨日2日目の稽古は、今回の作品の舞台となるミャンマーのレイショーからマンダレーの間にある熱帯雨林を、作・演出・出演の韓氏が実際に現地視察した際の話をしてくれました。

地図や彼が現地で撮った写真を見ながら、現在のミャンマーの文化や、今回の作品で、日本兵がどのルートで攻め入り、一方中国兵がどのようなルートを通り、そしてこの話の核となる「ジャングル」で出会うのか・・・など。

実際、そのジャングルは当時から全く変わらず、そのままの状態で今も残っているのだそうです。

 

そしてスライド終了後、稽古開始。

初日の戸惑いや作品の作り方の違いを受けての2日目・・・。

全てのカンパニーに当てはまることでは無いと思いますが、螢火蟲劇團は立ち位置にこだわるようです。彼らは私たちが台湾入りする前に石曽根が演じる「秋本」の舞台上での位置を事細かに準備したようで、その通り動くように次々と指示が出ます。もちろん舞台上での俳優の立ち位置はとても重要ですし、観客からどのように見えるかを決めるのは演出家として大事な仕事です。

しかし、俳優はそこに理由がなければ動けません。

例えば・・・物を落としたから、拾う。・・・眩しいから、目を閉じる。・・・銃を突きつけられたから、1歩下がる。

舞台上で演者が「生きる」為には、この「動機」がとても重要だと私たちは思うのです。

もちろん「ココまで移動して」と言われれば動くことは出来ます。しかし、それは石曽根個人としてはいくらでも出来ますが、石曽根が演じる日本兵「秋本」としては何かしらの理由がなければ動けません。

演出家の「こう動いて欲しい」という要求に対して、俳優は動くための「理由」や「動機」探しをするのも稽古の大切な作業で、それは時にはとても時間のかかる作業です。ただ私は、石曽根の作品創りをみてきて、そこには絶対的な確信と信頼を置いています。だからこそ、どれだけでも噛み砕いて通訳をし続けます。

 

舞台の創り方に決まりはありません。

日本にも数千の劇団や制作会社があり、日々様々な手法で「演劇」が創られていて、ここ台湾でも様々な舞台が創られていると思います。しかし、優れた作品では、俳優と演出家は同立の立場にいて、演出家の指示が俳優の想像を超える指示でなければならないと同時に、俳優は舞台上で演出家の想像を超えるものをみせられなければならないと思うのです。

その生身のやりとりが楽しめなければロボットで十分だと、石曽根は言います。

 

演劇とは生身の人間同士のぶつかり合いです。

そこには言葉や文化の違いを超える瞬間があると私たちは思うのです。

こうしてわざわざ日本から私たちを招いてくれた韓氏をはじめ、螢火蟲劇團の勇気には本当に頭が下がる想いで一杯です。

と、同時に今回の舞台製作にあたって私たちMY COMPLEXが「大事にしているもの」を彼らにも感じてもらいたいと思うのです。だからこそ、私も単なる通訳としてではなく、MY COMPLEXとして世界を常に意識している1人の制作・製作として、私たちの言葉として、稽古中は私は言葉を発します。それと同時に、日本人の1観客として、それがどう見えるのかも伝えます。これほどまでに心身ともに、いろんなところに刺激をうける作品創りに携わったことは私はありません。

ただ確実に1日目と2日目では芝居の色が変わりました。そして、稽古最後の円陣を組んでの意見を言い合う場でも、出て来る言葉に変化が見られました。少しずつ、少しずつですが、こうやって、文化や思想や言語を越えて、Hauntingは着実に創られていっています。

 

そう・・・稽古は、まだ始まったばかり。

 

今回は主催が蛍火蟲劇団(Firefly Theatre)ということで、稽古場風景は私たちは写真に載せられないのですが、作・演出・出演の韓氏のブログにチラッと写真があがっています。

http://haunting2014.pixnet.net/blog/post/236682391

 

さて、明日の稽古ではどんな新しい変化が見られるのか、楽しみです。

最後に、稽古場のそばに見つけた私の故郷・癒しの場所を。共演者とのオフショットを次回はご紹介できればと思います。

IMG_0084

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL