コレクターズアップデートvol.21

21回目のコレクターズアップデートです。

現在23日朝9時。

昨日22日をもって2015年エディンバラフェスティバルフリンジにおける(フェスティバル自体は30日までやっているんですが)僕たちMY COMPLEXの全公演が全て終了いたしました。

こうして無事幕をおろす事が出来たのも皆さんのご支援があってのことです。

改めまして温かいご支援誠にありがとうございました。御礼申し上げます。

(宿に戻る途中の霧に包まれたエディンバラ駅前。ちなみに気温10度以下)

今年は作品的には大きなアクシデントもなく(細かなセリフのミスは多少ありましたが)全ステージで昨年の倍以上の集客になりました。UK参加のカンパニーも苦戦する中、非英語圏からの参加での「シアター(会話劇)」でこれだけ沢山のお客さんに足を運んでもらえたことは本当にありがたいことで、演劇の国イギリスで少しづつではありますが「日本人が創る演劇」の可能性が出てきたことを実感しています。

実際の評価で言いますと昨年初参加した際に2つ星だった「Broadway Baby」(演劇批評サイト)に於いて3つ星をとることができました。しかしながら他のレビュアーからは演技面では一定の評価をもらいながら「言葉(英語)」の面で辛口の評価だったこともあり今後の課題となりました。

そしてなりより星4に手が届かなかったことが最大の悔しいところであり、演技と言葉のみならずヨーロッパ圏の人々に刺さるような物語構成が今後重要なのだと痛感しました。それを踏まえ来年に向けてのリサーチや情報収集など現地にいる間に星を獲っている作品を一つでも多く観てこようと思っています。

と、いうことで覚え書きついでにこちらで観た作品の一覧を残しておきたいと思います。

左がタイトル。右は劇場。

The Alphabet Girl theSpace on the Mile (Space 2)
No Strings theSpace @ Surgeons Hall
Consumption theSpace on the Mile (Space 1)
The Secret Obscene SpaceTriplex
Labels Pleasance Courtyard Bunker One
Reconciling theSpace on the Mile (Space 2)
Heart of Darkness SpaceTriplex
The Rules theSpace on the Mile (Space 1)
Back to Blackbrick Pleasance Courtyard Cellar
10*10*10 Pleasance Courtyard Attic
The Dock Brief theSpace @ Jurys
The Parlour Game Zoo The Monkey House
BENCH Jurys
SUPERTOWN 45
Ashes Afar Greenside Mint
Double Dipps Jurys
The Clours of Kenny Roach Niddry
Dearly Beloved Niddry

さらに明日観る予定が5本。で、全23作品。

(参考までに・・・フェスティバル全体では約3300作品が上演されているのでこれだけ観てもほんの僅かなんですよ)

シアターを中心にスケッチコメディやキャバレー、ストーリーテリングなど・・・。中には「お!」と思うものから「帰ろうかな・・・」と思うものまで様々でしたがこれらの作品に触れ吸収したことを次回の作品に生かしていきたいと思います。

実はこっちにいる間に来年度の作品を書き始めました。こうした様々な作品の中にいると頭もフル回転するので、これまでの作品とは違ったテイストの攻めた物語が出来そうな予感がプンプンします。

その前にここでご支援してくださった皆様へは今回の作品「complex」をお見せしなくてはいけません。帰国後すぐに編集に取り掛かり、終わり次第こちらのサイトで皆様にYouTubeのURLをお知らせしたいと思いますので、今しばらくお待ちください。(予定では9月末ぐらいを予定しております)

また、ポスター(全裸ポスターですが・・・)特典の方でまだ届いていない方へも帰国後順次郵送させて頂きますので、届かないようなことがありましたらご連絡ください。

(今回の作品で唯一躍動的なシーン)

さて、実は本日23日は唯一の休息日なんですが、アジアンアワードの審査員であるジムが夕食に誘ってくれました。なんだかよくわからないですが、行ってこようと思います。

今回の参加ではこういった小さな出会いが沢山ありました。チラシ配りの際に仲良くなった少しだけ日本語を話せるイギリス人の女の子イジー。昨日彼女の舞台を観た後に年齢を聞いたら14歳でした・・・。中学生じゃん!ちなみにお母さんはコメディアン。お父さんは弁護士。・・・どういうこと?そっちに興味がいくわ!

あと、わざわざUKロンドンから電車に揺られ僕の芝居を観に来てくれた謎の東北人や、友達の友達の友達の中国人なども・・・。

改めて、些細なことで様々な出会いが広がり、色んな人が繋がっていくんだと改めて感じました。それは国籍や年齢、性別など関係なく、普段意識することはないけれども元々すべての人は繋がっているということなんだと。

日本はアジアの小さな島国で平和で何の不自由もないけれども、何か決定的なものが失われ始めているような気がします。それが何なのか僕にはよくわかりません。でも、それは「演劇」で解決できるんじゃないかなとも思っています。いえ、全く出来ないかもしれません。

とにかくこうして「演劇」で世界の人とつながりはじめたことが僕たちの大きな財産であり、かけがえのない経験です。ゆくゆくは海外の作品やカンパニーを日本に呼ぶことも考えていますし、今後も「演劇」という道具を使って日本と世界を繋いでいくことが出来ればと強く願っています。

そして普段演劇と関わりのない人が劇場に足を運んでくれるようになったり、エディンバラという地に興味を持ってもらえれば幸いです。

(夜、観劇後の人々でごった返す路地裏)

改めまして、皆様のご支援本当に有難うございました。

僕たちの取り組みはまだ始まったばかり。小さなカンパニーではありますが、大きな目標を一つづつクリアにしていきます。是非、これからも僕たちMY COMPLEXへのご支援、ご声援よろしくお願い申し上げます。

MY COMPLEX Yuuya