製作ノート vol.3 – あと1ヶ月

MY COMPLEXにご支援いただきありがとうございます。
あたたかいメッセージに、毎度毎度励まされ、そして緊張もし、創作に励んでいます。

 

先日、3ヶ月間続いたワークショップが終了し、昨年エディンバラから帰国してすぐにスタートしたぷれいご1期から始まり、4パターンのワークショップを完走することができました。

主催のアソブロックさん、たちかわ創造舎さん、そして協力いただいたインテリジェンスさん、コヨーテさんに感謝です。このワークショップ「ぷれいご」は、MY COMPLEXの創作方法が英語学習や日頃のコミュニケーションに応用できる!というご意見から生まれました。

運営に協力いただいた方はもちろん、参加者の皆さんと一緒に成長できた、私たちの記念すべき「物語」のひとつです。エディンバラでの公演終了後、9月以降にまた再始動を予定しているので、まだ見ぬ新しい出会いを楽しみに、今は私たちが「TENT」で成長する時だと思います。

写真は最終回の休憩中の一コマ。ぷれいご名物「5 minutes Break with SWEETs」。いつから始まったのか、参加者の皆さんが毎週いろんな場所の銘菓を持ち寄ってくださいます。昨日は・・・北海道・京都・大阪・東京の銘菓を満喫。

 

さて、いよいよ私たちはEdinburghへ一直線です。
7月に突入したということで、英語に翻訳された場面の調整と入れ込み(稽古)をスタートしました。

石曽根は日本語で台本を書きながら、英語の台本を頭に入れ、maddyは固まったシーンから英語へ翻訳し、音に変換していきます。ふたりとも五感と脳を極限まで総動員する2ヶ月のスタートです。とても細かい作業が続くのですが、妥協せずにただただ進むのみ。

次回のアップデートでは、台本の一部を取り上げて、日本語から英語に変換する作業についてお話ししてみようかと思います。
引き続き、どうかご支援をよろしくお願いします。